これまでのストレッチのイメージ

_20151115_173832[1] 良くストレッチと言うと、普段使わない筋肉を伸ばして と言ったイメージが、強いですが伸ばす&縮めるこれで、初めてストレッチ完成なのです。 眼の疲れのストレッチの例では、いつも、開いている瞼 閉じるだけではなく、額から、眉に向けて押し下げる。 単純な話、すべての所の共通点とすれば普段良く使う、方向の反対側に向けてあげる。 出来れば、筋肉など伸縮させると言う意味では、最初に伸ばしたら次は、縮めてあげて下さい。 そうする事によって、身体がほぐれます。 ストレッチで、身体を温めて寒い冬を乗り切りましょう。 当店のプラスオプションコースにあるストレッチコースも試してみて下さい。