眼の疲れと首の凝りの関係性について

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s 一昔前までは眼精疲労といえば、PC作業やデスクワークによる影響が多かったのですが、ここ数年のスマホの普及により更に眼精疲労で来店されるお客様が増えています。 細かい部分で見ていくとその要因は色々ですが、大きく分けると眼精疲労は、眼の使い過ぎ「眼の筋肉の凝り」から起こるケース。 そして、スマホやパソコンが欠かせない生活が増え、眼の疲れ+うつむき姿勢から首凝りを起こし、それらが重なり合って起こるケース。 に分けれます。 ほとんどが複合型の後者のパターンが多いですね。 さて、当店でそんなツライ症状で悩んでおられる方へのアプローチとしてポイントにしているのが、後頭下筋。 この筋肉は頭の付け根付近にある筋肉です。 上頭斜筋・下頭斜筋・小後頭直筋・大後頭直筋と言った細かい筋肉の総称として使われます。   首には様々な神経が集中することから凝りが原因で、眼精疲労の他にも様々な不調が現れやすいのです。 今年からの新コース「フェイス&ヘッドセラピー」を受けたお客様のほとんどが目の疲れの改善で喜ばれています。 このコースでは後頭下筋のほぐし+眼の周りの筋肉もほぐしますので、眼精疲労の方にはオススメのコースです! 是非お試しください!