マッケンジー体操とは?

ab924a458d4c3bedd0aa33b4735769d4_s マッケンジー体操、もしかしたらご存じの方も多いのではないでしょうか? 近年、この療法が認知され、メディア・雑誌等でも紹介されています。 過去にも『金スマ』という番組で、20年苦しんだ腰痛がこの療法で改善されたとダチョウ倶楽部の肥後さんが出演されていました。 マッケンジー法には 『体を反らせる体操』 『体を前かがみにする体操』 『腰をずらせる体操』の3つがありますが、一般的な人の腰痛、猫背や中腰姿勢などが原因の場合には『体を反らせる体操』が効果的かと思われます。 ダチョウ倶楽部の肥後さんも『体を反らせる体操』で改善されたそうです。 数年前は、うつぶせ・腰を反らせるということは椎間板ヘルニアには禁忌・タブーとされていたのですが、現在では理学療法士も自宅でのケアでこの体操を指導しているところも増えてきているそうです。 やり方はとてもシンプルで簡単です。 1パターン目は、 うつ伏せに寝た状態で両肘でゆっくり上体を反らせる方法です。 イメージでいうとスフィンクスみたいな姿勢になりますね。 この状態で数分間キープします。 ポイントはお腹~足までしっかり脱力させてあげる事です。 2パターン目は、 両腕を伸ばして更に上体を反らせる方法です。 1パターン目が簡単にできる方ならこちらがオススメです。 ただ、これはかなりきつい姿勢になりますので、数秒キープできれば十分です。 ポイントは1パターン目と同様です。 10回1セットが理想で、2~3時間おきにする事を推奨されているようです。 ※ マッケンジー体操はすべての腰痛に適している訳ではありません。下記項目に当てはまる方は必ずかかりつけ医に相談される事をお勧めします。 ①安静に横になっていてもうずく腰痛 ②微熱がしばらく続いている腰痛 ③足のシビレが強く、感覚がにぶい・マヒしている状態   この体操すごく簡単なのですが、言葉だけではなかなか上手く伝える事が難しいです。 認知され出してから動画サイトの「YouTube」でも色々な先生がやり方をUPされています。 当店でも動画をUPしていればよかったのですが、まだUPしていなかったので興味のある方は1度ご覧ください。