関節リウマチ

毎日、色々なお客様の身体の調子をお聞きしていると、たまに「なんかリウマチみたいな気がするんだけど・・・」という言葉を耳にします。 若い方も周りで聞いた事のあるフレーズではないでしょうか?? この「リウマチ」どんな症状かというと、人間には体内で発生した悪いものを排除・またはそれから守ろうとするシステムが働きます。 そのシステムが誤作動を起こすことにより、人間の細胞を攻撃してしまうのです。 その結果、関節に腫れや痛みが伴う症状です。 ほっておくと関節自体が変形するケースもよく見られる病気です。 この病気の怖い所が、現代の医学でもまだリウマチが起こる原因など、すべてが解明されていないという点です。 つまり、原因がわかっていないので、治療方法も確立されていないのです。 お客様も周りでリウマチで苦しんでいる人を見ているだけに、関節に腫れや痛みが出だすと、自分もそうではないのか?と不安に感じられるようです。 原因ははっきり解明されていませんが、統計データによると30代~50代の発症率が最も多いことがわかっています。 そして男性より女性に多いと言われています。 理由も憶測にはなりますが、出産・閉経によるホルモンバランスの変化が引き金になっているのでは?と考えられています。 そして1番気になるポイント。関節リウマチは治るのか??? 先にも述べましたが、研究が進んだ今も、関節リウマチの詳細な原因は分かっていません。 しかしながら今は薬の進歩によって、早期に治療を開始すれば、関節の痛みや炎症がない状態を維持することが可能になってきました。 関節の痛みや腫れが続くような場合は、自己診断で放置せず、まずはしっかり診断を受ける事もとても大切です。