以外と知らないギックリ腰対処法

過去の記事でもギックリ腰は発症した直後は温めたり、揉んだりはNGという記事を書きました。 現在推奨されている対処法は、アイシング(患部を冷やす)です d4e0df066ed28cec3ea44dae39150e1f_s ここまではご存じの方も今では多いと思います。 しかし、アイシングで単に冷やすというのも気を付けなければいけません。 例えば、触った時に自分の皮膚の感覚がなくなるくらい冷やしてしまっては逆効果です。 冷やす際も冷やし過ぎには注意して休憩しながらアイシングを行って下さい。 そして、起き上がる時もギックリ腰直後は慎重になってください。 できるだけ腰に負担をかけない様に起き上がる方法もあります。 これは覚えておくと普段から腰痛で悩んでいる方も便利です。 仰向き時の場合 片方づつ足を曲げます(足が三角形になる状態です)        ↓ そのままゆっくり状態を横に倒していきます         ↓ 両膝を視点に腕の力を使って起き上がります(イメージとしては四つん這いになっている状態です) この起き上がり方だと腰に負担もかかりにくくなりますので、腰痛持ちの方は是非お試し下さい。 慢性腰痛の方は、起き上がる際に腰の踏ん張りだけで起きあがろうとするとギックリを引き起こす可能性も大きいので十分注意してください。