老化を知るには握力を知る!

年齢と共に筋力は落ちてしまいます。 普段から筋トレや運動をされている方全く運動をされない方とではその衰え方もかなりの違いがあります。 自分は今どれくらい筋力が落ちているのか? これをチェックするのに簡単なのが握力」を測る事です。 915bb75bb2b77f4868c445ec711faf76_s
握力は全身の筋力を知る指標とも言われ、老化や運動不足による筋力の低下は、全身の筋力と相関関係が高い「握力」を測定すればだいたいの自分の筋肉の状態を知る事ができるそうです。
握力の低下=身体の老化という方式が成り立つ訳です。
代表的なのがペットボトルの蓋が空けにくくなった・・・・。 これは全身の筋肉量が低下している可能性が高いので、要注意です。
だからと言って、握力だけを鍛えれば老化は防げるという訳ではありません。 やはり全身の筋肉をしっかり使う事がとても大切です。
いきなり運動って言われてもなかなか始めれない・・・・。そんな方も多いと思います。
最初は軽いストレッチを習慣づけて少しづつ身体全身の筋肉を使う運動もいれてみて下さい。
また、ご高齢の方でしたら、握力を鍛える事は何か転倒しそうな状況になった際にも何かに掴まる事で未然に転倒事故を防ぐことができるというメリットがあります。
外にでる事が少ないという方なら握力を鍛える事だけでも是非実践してみて下さい。