難しい問題・・・

最近はメディアでも「肩こり・腰痛がたった〇秒でなくなる!?」「毎日〇〇するだけで肩こり・腰痛解消!」「マッサージのし過ぎは本当は危険!」 なんてフレーズをよく目にします。 私もこういう業界にいるとついつい興味で見てしまいます。 普段、整体・マッサージ・エステ等によく行く方も同様に健康に対する意識も高いのでこういう内容のTVはよく見ておられるようです。 これの怖い所が、まだしっかり解明されていない段階であってもどんどん世に情報を発信してしまっている点です。 よく見てもらえれば、「~~~~の恐れがる」「~~~~の可能性がある」「~~~~の改善に期待ができる」といった様に断定せずに曖昧な表記を使っています。 それでもTVを見ている側は「そうだったんだ!」って断定させてしまっています。 こういうTVが放送されると、大抵次の日以降からお客様に「この前TV見たけど、〇〇したらダメなの?」「〇〇したら肩こり治るの?」と質問されるケースが多いです。 この時の回答が非常に難しいのです・・・・。 4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s 医師が研究を重ねて発表されている訳なので、もちろんそれを否定できないですし、医師でもない私共が「実はそうなんですよ」なんて断定して言ってはいけません。 ネットの反応を見てみると、 ■ こういう「絶対に○○してはいけない」系の本って、たいていその論拠も怪しいんだよなぁ。人間の体、そんな単純なもんでもあるまい。 ■ そんなこと言われちゃうとさ、夫が「揉んで」って言っても、もう揉めないよ。 ■ 試した直後はすげー!って思ってたら数分後にはいつもの状態に戻ってるしwww なんてコメントもあります。 当店のお客様の中に、肩凝り・腰痛解消の特番をやっていたらすべて録画して保存されてる方がおられます。 毎回違った体操を紹介されるから今ではもうどの体操をやればいいのかわからなくなってきて、結局何もしてないそうです。 健康になる為に色んな情報を得た事で余計に何が正しいのかわからなくなってしまっているんですね。 個人的な見解ですが、今回の件だけでなく、様々な分野でまだまだ医学的にも科学的にも解明されていない事は沢山あります。 曖昧な情報に振り回されずに、自分はそれが良いと思えるならそれを続けるべきだと思います。 我々の様な保管療法を主として行う人間には回答に困る情報が飛び交っているので難しいところです・・・・。