自律神経失調症と整体

  176345cfa0fd174c92134438228cd9d3_s ストレス社会と言われる現代。 原因不明の倦怠感で病院受診したらどこも悪くなく、結果「自律神経失調症」と言われた。そんな言葉をご来店されるお客様から聞くケースも最近多く感じます。 我々は治療行為はできないですが、整体を通して少しでも自律神経失調症やパニック障害でお悩みの方の改善をサポートできればと考えております。 現在上記の症状でお悩みの方も整体、エステ、マッサージ、カイロプラクティックで骨格矯正、鍼灸、サプリ、運動療法、漢方薬、病院で処方された薬等々、皆さん色々な方法で何とか改善したいと思われています。 これだけあるという事は、結局治療方法もまだ確立されていないのが現状なのです。 当店での対処方法は、筋肉のほぐしを主に施術を行っていますので、アプローチする場所は背中の筋肉(起立筋群)となります。 なぜ背中なのか? 背骨と背骨の間からは自律神経が出ています。背中の筋肉が固くなって自律神経を圧迫して体調が悪くなるという考えです。 こんな経験ありませんか?? マッサージ機や壁の角で背中をゴリゴリほぐした後に息が吸いやすいという感覚。 これは背中の筋肉が緩むと肋骨が動きやすくなるので、息がしやすくなるのです。 実際お客様の大半が施術後に 「良い姿勢が作りやすくなった!」 「呼吸が楽にできる!」という反応をよく口にされます。 78c44177da7e0c21c3c90865abc9d372_s 皆さん、悪い姿勢(猫背)が当たり前の状態になってしまい、呼吸が浅くなっている事にも気付きにくくなってしまっているのです。 自律神経を乱す要因として、この呼吸というのも注目されています。 イライラしている時、不安な時、焦っている時、いつのまにか呼吸は浅くなっているケースは多くなるのです。 背中の硬直を緩める事で、副交感神経を優位にし、呼吸も深く行える事でさらにリラックス効果も期待できます。 この状態を少しでも長い時間保てる事が、自律神経の乱れを防ぐ一つの方法と考えています。